転職は社会経験もある、40代からがおすすめ?

主婦も仕事を持っている方がとても多くなっています。子供が小学生になり、手がかからなくなったのと同時に教育費が倍増します。習い事の月謝を補うために働いている30代主婦も多くいます。30代で働いてきた職場を転職しようと思い始め、行動に移したくなるのが40代の頃です。習い事の月謝が大学や専門学校の学費に変化し、もう少し働ける職場をと、探す主婦も多くいます。

実は40代は転職に一番向いている世代です。理由としては、子供が大きくなっているため、子供の病気や行事などで仕事を休むことがなく、企業側にとっても強い戦力になります。社会経験も豊富なので、どんな職場にも対応することが可能です。職種も大きく変化します。職種としては、介護ヘルパーや掃除、飲食店や施設の給食作りなど、人に寄り添うような仕事が多くなってきます。主婦歴が長いからこなせる仕事といえるでしょう。掃除や給食の仕事は、まさに主婦の仕事と同じです。若い人にはあまり人気がなく、企業側でも若いママさんより、採用されることが多いです。時間に余裕があることも、採用される大きなポイントです。若いママさんは、子供の帰宅時間に合わせなければならず、長い時間働くことが難しいデメリットがあります。40代なら夕飯の食事の支度に間に合う程度の時間まで、仕事をすることが出来ます。

40代は企業の助っ人的役割を果たす世代でもあります。40代の転職は決して遅くありません。むしろ良い仕事が見つかる年代でもあります。社会の中心になる世代でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です