今の40代転職事情とは?

40代の転職というと、一般的にはとても難しいもののように思われることがあります。ただし、これはあくまでも一般的な理論であり、実際のところとは少し違うようです。例えば40代でも全く経験がない業種へ移ることや、未経験で関連する資格もスキルもないところへの転職というと、とても厳しいのが現状でしょう。このため、もし年齢を重ねてからの転職を成功させるためには、できれば経験のある業界や職種へのほうが成功しやすい傾向があります。

経験がある方が良いとはいえ、昔の少しの経験でも悪くはありません。例えば昔少し経験がある事務職や医療現場などから離れていても、意外と採用されることは難しくなかったりします。また、全くの経験がないというところに行きたいのなら、少なくともスキルがあることが大事です。スキルに関してはそれぞれの業種や職種によっても違いますが、関連する資格や仕事で必要なスキルを習得しておくことは必要最低限と言われています。それでも年齢で切られることはありますが、少なくともなんのスキルもなく経験もないというよりか幾分かは採用されやすくなるようです。

ちなみに一番簡単なのは、やはりこれまで長いこと経験がありスキルもある仕事と同業、もしくは同じようなスキルを募集している人向けの仕事でしょう。最近の仕事では専門的な人を求める傾向があり、特に40代で経験豊富な人は求められやすく採用されやすい傾向があります。そこからキャリアアップやスキルアップを狙うのも方法ですね。

とはいえ、まずは諦めないことです。諦めずにこれまで自分の培ってきたスキルを武器に転職にのぞみましょう。
40代の転職が難しそうだと及び腰になっている人は、☆→40代の逆転劇☆→を読んでみると、意外と就職先の選択肢があるということに驚かれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です